お土産

マレーシアのお土産はサンダルがいい

2017/04/16


スポンサーリンク

マレーシアのお土産はサンダルが人気

ウィスマムルデカ2017.2.13

ウィスマムルデカ2017.2.13

 

マレーシア旅行のお土産には

いろんな食べ物や民芸品もありますが、

意外に人気なのがサンダルだそうです。

マレーシアはゴムと昔、地理の時間に
覚えたようにゴムの生産で、マレーシアは有名です。

昔は世界一だったかもしれませんが、

最近の統計ではタイが世界一でインドネシア、ベトナム、
インド、中国と続きマレーシアは6位です。

そんな伝統あるゴム産業から生まれてきた
サンダルがお土産として人気があります。

 

フィッパーのサンダル

マレーシアのローカルブランドフィッパーの
ビーチサンダルは安くて、
一足15~20RM(約450円~600円)程度で
購入できます。

fipper スリアサバ店 2017.2.13

fipper スリアサバ店 2017.2.13

 

豊富なデザインとカラーは日本では手に入らないような
ものが多いです。

そーいえば、はじめてマレーシアに
行ったときに空港の女性職員が
頬被り(ヒジャーブ)をつけていることに
異国情緒を感じましたが、その足元は
素足にサンダルという
なんだかアンバランスな感じが強く印象に
残っています。

壁一面のサンダル fipper スリアサバ店 2017.2.13

壁一面のサンダル
fipper スリアサバ店
2017.2.13

 

フィッパーのサンダルは
どちらかというと
ビーチサンダルといった感じで
クアラルンプールなどに店があり、
行ってみる価値があります。

壁一面のサンダル fipper スリアサバ店 2017.2.13

壁一面のサンダル
fipper スリアサバ店
2017.2.13

 

スポンサーリンク



VINCCI(ヴィンシー)のチープサンダル

VINCCI(ヴィンシー)のチープサンダル
マレーシア発のブランドでサンダルばかりでなく、
靴やカバンも作っている会社です。

こちらもサンダルはRM40前後からとお値段もお手頃ながら
日本ではみられないカラフルなデザインのものが
たくさんあるので
お土産として選びつつ、自分用にも
ほしくなってしまいそうです。

クアラルンプールなど主要都市のショッピングモールに
あります。

こちらのロゴが目印

VINCCI ロゴ 2017.2.18 イマーゴ

VINCCI ロゴ 2017.2.18 イマーゴ

 

イマーゴ 2017.2.18

イマーゴ 2017.2.18

 

vincciDSCN1235

http://tripping.jp/wp-content/uploads/2015/08/image9-680x510.jpg

 

こちらはVINCCIではないが、おしゃれなサンダルです。クチン空港で↓↓↓

クチン空港売店 2017.2.18

クチン空港売店 2017.2.18

ニョニャサンダルも人気

もうひとつ別のサンダルで
細かいビーズの刺繍の入った
ニョニャサンダルも人気のお土産の一つです。

中華系のマレー人の女性が携わる
伝統工芸品でこちらは一足200MRからと
少しお高めですが、直径1ミリ以下の細かいビーズを
使ったものでは出来上がりまでに
4カ月もかかるという代物もあるそうです。

中国の縁起物の鳳凰、牡丹など鳥や花のデザインの
もの多くあります。

高いものでは600RM(約18,000円)もする
ため、ちょっとお気軽にばらまき土産としては
難しいかもしれませんが
ここ一番というお土産にはいいかもしれませんね。

マラッカに行くとニョニャのサンダル屋さんが
たくさんあるのでそこで買えます。

05040215_536524492d8a2

travelcojp
https://traveloco.jp/malaysia/recommends/omiyage
マレーシア
ふわふわサンダル

さあ、ちょっとおおきめのスーツケースを
もってマレーシアに行って
素敵なサンダルを仕入れてきましょう。

私自身もマレーシアでサンダルやTシャツ、女性の被り物ヒジャーブ
レギンスなどを購入して日本に持ち帰ると
大変喜ばれています。

特に女性には、日本にない柄とか、色とかが
気に入るようですね。

関連記事

マレーシア土産で人気のサンダル店fipperに行ってきた 2017年2月 コタキナバル

スポンサーリンク

-お土産
-, , ,